調査情報案内トップ > バックナンバー
2013年以前はコチラへ
定期購読のおすすめ

4,740円(年間6冊/税込)で、全国どこでも送料無料にてお届けいたします。ご希望の方は富士山マガジンサービスからお申し込みください。

インターネット
お申込みはこちら

フリーダイヤル
0120-223-223(24時間・年中無休)

バックナンバー

1冊当たり790円(税込)です。

インターネット
富士山マガジンサービス
にて最新号・バックナンバーを取り揃えております。アマゾンでもバックナンバーご購入のほか新刊の予約注文が可能です。

書店
●取り扱い書店は、八重洲ブックセンター、丸善日本橋店、紀伊國屋書店新宿本店、三省堂神田本店、ジュンク堂池袋店、MARUZEN & ジュンク堂渋谷店などです。
●取り扱いのない書店でも、最新号・バックナンバーの注文ができます。

※最新号・バックナンバーの内容については、TBSメディア総合研究所、または富士山マガジンサービス
のウェブサイドに復刊1号以降の目次を掲載しておりますので、ご参照ください。

ネットでのご注文

ご購読に関するお問い合わせや、
本誌へのご意見・ご要望は下記のTBS『調査情報』編集部までご連絡ください。

〒107-0052
東京都港区赤坂5-5-9
第7セイコービル7F
TEL:03-3586-6003
FAX:03-3586-6017
E-mail:chousa@tbs-mri.co.jp

73回目の夏
“8月ジャーナリズム”

544号(2018/9-10)

終戦日 8月15日に生まれて…石井和子
田中角栄の時代を語る ―最後の番記者に聞く―(後編)…小田敏三
グローバル化は待ったなし
~「日本株式会社」の終焉、「個」で勝負の時代へ~…上 昌広
「ここで生きていく」覚悟が地域の未来を創る-東日本大震災からの教訓-…小西晴子
死者たちはみている 私たちがどう生きているかを…金平茂紀

read more

戦争の事実を記録する

543号(2018/7-8)

県庁警察部壕(ガマ)を守って ~戦時下の沖縄を語り継ぐ~…南信乃介
沖縄の声を探して ~ヤマトとの距離は縮まったのか…音 好宏
田中角栄の時代を語る ―最後の番記者に聞く―(前編)…小田敏三
記者として、障害児の父として(後編)…神戸金史
「オレは野たれ死にしたいんだ」~田辺一鶴伝~③…田辺鶴瑛
「詰ん」でも終わらない「対局」の中で…石塚博久

read more

放送を・番組を・どうやって“のこす”か

542号(2018/5-6)

殺人実行者との対話
記者として、障害児の父として(前編)…神戸金史
アーカイブズの政治経済学序説(1)…音 好宏
「データ」 第三者の仮面をかぶった悪魔…松本卓士
第二の人生 「僧侶」は最高の選択肢…柴田文啓
中国人の感性と中国的風土(下)…森田六朗

read more

「残したいもの」からのスタート

541号(2018/3-4)

大阪から総選挙報道を考える…音 好宏、長井展光
2017年衆院選は小池劇場の「終幕」か?
「第三幕」としての国政への挑戦(下)…白鳥 浩
放送番組の大学教育における活用とその課題
~放送ライブラリーの事例紹介~…筧 昌一
NHK放送受信契約の締結強制の合憲性と受信料支払義務<
最高裁判所大法廷 平成29年12月6日判決の検討…磯本典章

read more

衆議院選挙がのこしたもの

540号(2018/1-2)

2017年衆院選は小池劇場の「終幕」か?
「第三幕」としての国政への挑戦(上)…白鳥 浩
「一票の格差訴訟」の現状と問題点
―自己の裁判体験を振り返りつつ―…森野俊彦

read more

枠組みは変わったのか
〜選挙、放送、気候で考える

539号(2017/11-12)

小池劇場「第二幕」としての2017年都議選:「第三幕」国政への序章…白鳥 浩
原発報道と議題設定 ~ローカル局とキー局の対比から~…桶田 敦
頻発する記録的な大雨 豪雨災害から身を守るためには…片山由紀子
【集中連載】第3回(最終回)「放送批評」の相克
誰のための、何のための放送批評か…音 好宏
パラリンピックから見える東京2020④
パラリンピアンが見つめる東京2020パラリンピック(前編)…田中圭太郎
隣にある歴史を見つめる

read more

監視社会の足音/「失敗」から学ぶ

538号(2017/9-10)

防犯カメラが生んだ冤罪とメディア
ある事件を追い続けた記者の証言…増田み生久
作家は憂える 好い加減な健康法から見える“時代の疲れ”…小嵐九八郎
負の過去を繰り返さないために
憲法理念を追求するドイツの政治教育…坪井兵輔
BPO=放送倫理・番組向上機構
この10年を振り返って 圧力に萎縮しがちな放送現場を援護射撃…丸山 進
隣にある歴史を見つめる

read more

木霊を追う
沖縄・中国・南極…メディアの役割

537号(2017/7-8)

歪められた基地反対運動の姿
『映像’17沖縄さまよう木霊』を制作して見えたもの…斉加尚代
「民族主義」という怪物を制御するため
情報をどう読み解き、分析すべきか
爆買いとメディア・リテラシー…渡辺陽介
オリンピック・パラリンピックから見える東京2020
隣にある歴史を見つめる

read more

伝えること・伝え方~制作者が見つめ続けている原点

536号(2017/5-6)

ドキュメンタリー体験 60の手習い
海の彼方の憲法9条を追って…宇野淑子
祭事の映像アーカイブと地域DNAの醸成
宮崎・国富町での映画製作体験から…青木りゅうじ
「祖父の日記」取材記
8分間の番組から1時間の番組に一人称の視点から家族にひきつぐ…井上佳子
世論調査再考~いまジャーナリズムに求められていること…渡邊久哲
新連載 パラリンピックから見える東京2020
知られざるパラリンピックの歴史と日本…田中圭太郎
隣にある歴史を見つめる

read more

等身大でとらえよう~中国、日本…

535号(2017/3-4)

過剰農産物に苦しむ中国、食糧不足は過去の話に…阮 蔚
「日本ボメ」考現学 不安が生む排外主義…岡田 充
主要メディアは「マス」に届いていたのか
トランプ大統領の米国から学ぶこと…津山恵子
上天和神舟11号肩并肩(神舟11号まで上がっちゃえ)
「末恐ろしい」中国の若者たち…山脇伸介
目覚めた?「動画」王朝~アニメはどこへ向かうのか~…大山寛恭
隣にある歴史を見つめる

read more

特集 視点を検証し確認する

534号(2017/1-2)

熊本地震と社会共助
〜複数の選択肢を用意した新たな住宅共助を…永松俊雄
なぜ「史上初」の異常気象が続くのか
〜2017台風を大胆予想する…片山由紀子
パラリンピックは世の中を変える
~リオから見えた東京パラリンピックの課題…仲前信治
隣にある歴史を見つめる

read more

71年めの学び

533号(2016/11-12)

「憎悪」は笑顔の形で現れた…神戸金史
若者達の魂の再成を〜不登校生徒のための学校からの発信…宇都宮 誠
そしてリオから東京へ オーパ! オリンピアーダ!
リオで体感した「まあ、いいか?!」…山脇伸介
「多言語自動翻訳」実利用への道…高村 信
この人に聞く 3 座談会 永六輔さんと語った女性アナ
心の中に生き続ける 永六輔さんの言葉…長峰由紀 堀井美香 外山惠理

read more

71年めの選択

532号(2016/9-10)

天気予報は平和の象徴だが、戦争が始まると武器になる。…饒村 曜
京都の伝統工芸と戦争 その三
近現代遺跡・戦争遺跡の現在〜考古学と銃刀法と社会〜…木立雅朗
参院選は「未来への選択」となりえたのか?
〜十八歳の投票率が示す、民主主義の行方…岩井奉信
2016年参議院議員選挙と民主主義
〜"一強多弱"時代の政治選択〜…白鳥 浩

read more

71年めの沖縄

531号(2016/7-8)

今なお沖縄県民が敬慕の念を抱く、
内地出身、戦時下の県知事・島田叡…嘉数昇明
私と「沖縄慰霊の日」
島田叡先輩の事績を 世界記憶遺産として 語り継ぐために…小林正美
戦後70年めに沖縄の島守が伝えたもの
沖縄と兵庫、そして栃木へ…齋藤宏夫
日本政府は地方自治を放棄した
「再編関連特別地域支援事業補助金」創設の意味…川瀬光義

read more

伝えたいこと
…立ちどまって考える

530号(2016/5-6)

京都の伝統工芸と戦争 その一
清水焼の陶器製手榴弾…木立雅朗
リオデジャネイロ大会の隠れた見どころ …真田 久
元裁判官の目に映る、日本国憲法と裁判官の現状 …森野俊彦
〝記者会見改革〟は、法廷可視化への小さな一歩になりうるのか? …神田和則
新連載 考え中の一枚 五輪…佐古忠彦
ルポルタージュ 被災地再生への歩み

read more

日本のこれから
…私たちはどこへ向かうのか

529号(2016/3-4)

「街場の日本論」―私たちが今するべきは立ち止まって考えること …内田 樹
百年前、漱石が見ていた日本の未来…小森陽一
人口減少社会にふさわしい国のかたちと日本人像…藤原智美
インタビュー
元祖「鉄人」プレーヤー、大いに語る④ 日本球界の2016年…衣笠祥雄
ルポルタージュ 被災地再生への歩み

read more

展望2016年
日本と世界と、テレビ放送はどう動く!?

528号(2016/1-2)

テレビ放送
「2015年 日本人の情報行動調査」から見えたこと…橋元良明
苦境のドラマに朝が来た?~『下町ロケット』『あさが来た』の好調から見えるもの
…堀川とんこう
日本と世界
安倍政権と参院選の展望…中北浩爾
18歳選挙権はシルバー民主主義を変えうるか…鈴木邦和
ルポルタージュ 被災地再生への歩み

read more

「ワイドFM」スタート
ラジオ・ルネッサンス2015

527号(2015/11-12)

めざせ! ラジオ新時代…亀渕昭信
第二の開局〜昭和の「ラジオ深夜放送」革命…伊藤友治
AMが聴ける「ワイドFM」誕生!〜制度化までの道程と果たすべき使命…三村孝成
ラジオ番組の現在〜聴取環境の広がりと新しい取り組み…仲宇佐ゆり
戦後70年「一強」政治の中間評価
『70年代と80年代 テレビが輝いていた時代』刊行記念対談
戦後「青・壮年期」の光と翳…中森明夫 × 市川哲夫(本誌編集長)
ルポルタージュ 被災地再生への歩み

read more

当世番組評判記
今のテレビに、もの申す

526号(2015/9-10)

改めて問われるジャーナリズムの役割…武田 徹
朝の情報番組のジャーナリズム“こだわり”はどこに消えた?…水島宏明
テレビ新時代の売れっ子たち…吉川 潮
テレビドラマは危機的状況なのか…堀川とんこう
活性化する動画配信 テレビ番組をとりまく新動向を追う…川本裕司
なぜ起きた? 計画の見直し 2020年東京五輪準備の現在
ルポルタージュ 被災地再生への歩み

read more

連載特集
戦後70年 最終回

525号(2015/7-8)

2015夏 ~いま、私が想うこと
戦争を知る世代・知らない世代26人からのメッセージ
特別インタビュー 百歳のジャーナリスト―むの たけじ 戦前・戦中・戦後を生きて
連続インタビュー 田原総一朗が語る、戦後70年 最終回 1990〜2015年
ルポルタージュ 被災地再生への歩み

read more

ここまで変わった
テレビの見方・見られ方

524号(2015/5-6)

セカンドスクリーンをどう考えるのか?…奥 律哉
『テレビは生き残れるのか』のその後~あらためて、どう生き残れるのか?~
…境 治
黒船、視聴率、若者礼讃~固定観念を打ち破れ!…渡邊久哲
日テレ「視聴率三冠」の背景とは…鈴木健司
連載特集 戦後70年
第2回 近隣とどう付き合ってきたのか?~対アメリカ・中国・韓国・ロシア
田原総一朗が語る、戦後70年②〜1960~90年
ルポルタージュ 被災地再生への歩み

read more

連載特集 戦後70年
第1回 戦後は、こうして始まった〜激変する社会とメディア

523号(2015/3-4)

戦後の終わり方…白井 聡
昭和20年の放送〜「玉音放送」に至る日々…竹山昭子
戦後レジームはこうして生まれた…福永文夫
昭和20〜27年、占領下の放送
あの番組たちが放った眩しさは何だったのだろう…松尾羊一
田原総一朗が語る、戦後70年①〜1945〜1960年
インタビュー 元祖「鉄人」プレーヤー大いに語る③
日本球界の2015年…衣笠祥雄
ルポルタージュ 被災地再生への歩み

read more

2015 テレビドック…視聴者の実像は
昭和から平成へ 88〜89

522号(2015/1-2)

ジャーナリズムの危機の時代
―テレビに何が可能か?…武田 徹
若年層のテレビ視聴、最近の動向…橋元良明
—戦後70年のための覚書—
『ハンナ・アーレント』が映画化されたように、『近代の超克』のテレビ化は可能か
…前川英樹
女性ドラマ台頭の意味は?
女たちは時代の閉塞感を突き破れるか…堀川とんこう
ルポルタージュ 被災地再生への歩み

read more

80年代から見えてくるもの
昭和から平成へ 88〜89

521号(2014/11-12)

その時、世界が動いた―88、89年…『調査情報』編集部
国境を越えた和解―補償をめぐる日中間の交渉から
…船山 真
リクルート事件の実像とその時代の空気
「昭和天皇崩御」と日本人…保阪正康
招致決定から1年
東京オリンピックの現在
追悼・大山勝美さん
ルポルタージュ 被災地再生への歩み

read more

アジア大会を機に考える
「日中」「日韓」「日朝」のこれから

520号(2014/9-10)

大きな歴史の中の小さな例外…今野 勉
日中関係打開の道はあるのか—今秋以降の日中関係の展望…天児 慧
せっかく島国になれたのに…関川夏央
正念場を迎えた日朝関係—拉致問題は進展するのか…伊豆見 元
アジア大会 2014韓国・仁川はゴールデンタイム・生中継で放送…鈴木健司
連載特集 第4回 86〜87 80年代から見えてくるもの
86〜87年の出来事
ルポルタージュ 被災地再生への歩み

read more

岐路に立つニッポン
「一強」政治とジャーナリズム

519号(2014/7-8)

安倍政権の500日…山口二郎
「対等な日米同盟」とは何か—集団的自衛権と日米安保—…吉次公介
政治のヤンキー化と操られゆく「草の根」の世論…斎藤貴男
安倍政権のテレビメディア戦略…小田桐 誠
連載特集 第3回 84〜85 80年代から見えてくるもの
84〜85年の出来事
ルポルタージュ 被災地再生への歩み

read more

ラジオデイズ 2014

518号(2014/5-6)

ラジオはいつも鳴っていた…黒井千次
現場からみた変遷史 こんな時代もあったのだ…松尾羊一
SAN FRANCISCAN NIGHTS…亀渕昭信
深夜放送・伝説のアナウンサー林 美雄のいた時代…柳澤 健
対談 いまラジオだからできる役割とは?…長谷川裕×荻上チキ
連載特集 第2回 82〜83 80年代から見えてくるもの
82〜83年の出来事
ルポルタージュ 被災地再生への歩み

read more

80年代から見えてくるもの

517号(2014/3-4)

80年と81年に注目する…『調査情報』編集部
ソ連崩壊の予兆…橋爪大三郎
「萬歳」から「漫才」、そして「MANZAI」の炸裂〜笑いと私の放送史…澤田隆治
アイドルにとっての80年代…中森明夫
校内暴力でヒーローになった金八の生徒——「加藤優」…柳井 満
ドラマ『大地の子』と日本人の一九八○年・八一年…岡崎 榮
向田邦子の「昭和」年…————『あ・うん』『続あ・うん』
80〜81年の出来事
2014 プロ野球とメジャーリーグ
伝えたい、繋がりたい、分かり合いたい〜
映像文化に一石を投じるデフムービーの世界…津田正夫
ルポルタージュ 被災地再生への歩み

read more

2014 平均年齢 46歳超
変わる「この国のかたち」~それでテレビはどうなるの?

516号(2014/1-2)

新しい大人社会の到来~世代調査から見える明日への「掛け算」…阪本節郎
消費税増税後の日本経済…金子 勝
4人に1人が高齢者の時代「団塊」約660万人はテレビのお客となるのか?…渡辺久哲
朝の情報番組から「小うるさい爺さん」をなくしてはならない…水島宏明
テレビは常に進化している…髙平哲郎
団塊世代にも言わせてほしい
ルポルタージュ 被災地再生への歩み

read more

没後50年~JFKとOZU

515号(2013/11-12)

ベトナム戦争とケネディ神話…油井大三郎
ケネディとテレポリティクス…石澤靖治
ケネディ時代の対日政策…池井 優
ケネディ暗殺と宇宙中継…太田 浩
キャロライン・ケネディ駐日大使と日米関係の今後…井上 波
世界映画史上一位としての『東京物語』…佐藤忠男
小津安二郎と「戦争の時代」…保阪正康
素敵にヘンな<小津ごのみ>…中野 翠
『美人哀愁』をめぐる許されざる犯罪について…蓮實重彦
2020年東京オリンピック決定
新連載 お前はただの過去ではない
"クラシック"に何が可能だったのか
ルポルタージュ 被災地再生への歩み

read more

テレビ離れはウソだった?
『あまちゃん』『半沢直樹』現象のなぜ

514号(2013/9-10)

『あまちゃん』の辛味…吉川 潮
ドラマ世界と現実のアイドルが交錯する
"あまちゃん現象"の意味するもの…中森明夫
いま・ここに・潜る~宮藤官九郎、「再生」のシナリオ…宇野常寛
自分たちが、面白いと思うものを作る~半沢直樹と私たちの熱い夏…伊與田英徳
対談 体験的コメンテーター論 いまテレビで語るということ…宮崎哲弥×青木 理
対談再び この夏のネット選挙を総括 SNSと若者の政治参加をめぐって(続)…萱野稔人×鈴木邦和
逆転の発想 BSニュースだから出来る事
ルポルタージュ 被災地再生への歩み

read more

競合か? 共存か?
テレビとソーシャル・メディアの2013夏

513号(2013/7-8)

テレビジャーナリズム変容の時代に …武田 徹
対談 SNSと若者の政治参加をめぐって
テレポリティクスからインターネットポリティクスの時代へ …萱野稔人×鈴木邦和
ネット選挙解禁は選挙活動の「民営化」なのか。 …和田伸一郎
「見た、感じた、つぶやいた」はテレビ番組を変えるのか …小田桐 誠
「その他」の視聴率についての考察…渡辺久哲
テレビは"テレビ60年"をどう伝えたか …竹山昭子
対談 ラジオとSNSの親密な関係の理由は? …荻上チキ×長谷川裕
ルポルタージュ 被災地再生への歩み

read more

「日本国憲法」の現在
ジャーナリズムに問われるものは?

512号(2013/5-6)

憲法9条と戦後日本をどう見るか?…田原総一朗
改憲草案の「新しさ」を読み解く~
国民国家解体のシナリオ…内田 樹
法律家から見た「9条」の現在…伊藤 真
憲法第9条と自衛隊…森本 敏
「護憲」と「改憲」論議に一石
わたしたちはどのような国を目指したいのか…東 浩紀
憲法を問うドラマがあった
ルポルタージュ 被災地再生への歩み

read more

テレビドラマを見てますか?

511号(2013/3-4)

識者アンケート ドラマについて、おたずねします
浅井慎平、保阪正康、嵐山光三郎、芹沢俊介、吉川 潮
橋爪大三郎、平出 隆、中条省平、藤原智美、坪内祐三
三浦 展、中谷彰宏、?橋秀実、小谷野 敦、西村賢太
萱野稔人、市川真人、宇野常寛
テレビドラマ、その青春の光と影
―「骨董性」から「現在性」への模索…樋口尚文
テレビドラマは時代と切り結んでいるか
―東日本大震災後の状況を考える…鈴木嘉一
WBC開幕 プロ野球人気の明日
ルポルタージュ 被災地再生への歩み

read more

since1953
テレビ放送60年とこれから

510号(2013/1-2)

巻頭鼎談 ずっとテレビが好きだった!!
…大山勝美 田原総一朗 秋元 康
ルポルタージュ 被災地再生への歩み

read more